2011,11,23 山形→宮城

はじめまして、あの宿や萩のヘルパー布田隆介です。

ある秋の日、いつものように宿に着くと、ちょっと目の鋭い坊主の人が座ってました。オーナーから工藤さんといってチーム萩としてボランティアしてる方と聞きいて、少し話しました。その中で、「今度リヤカーで日本一周するから、布田さんも是非ひいてよ!」と誘われ、そういうよく分からないけど体痛めそうな事が好きな私は軽い気持ちで「いいっすよ。」と返事してしまいました。

それから3週間もしないある日、またいつものように宿に着くと、本来僕の原チャを泊めるべき所にリヤカーがありました。そしてその横で女の子がリヤカーにペイントしているではありませんか。その女の子こそ前回宮城→山形を引いた大学生の三上さんでした。こんなに早くリヤカー日本一周が始まるとは…恐るべし工藤さん。

三上さんとチーム女川の皆さんが宮城→山形を引いた後、宿に戻ってきた三上さんの話を聞き、工藤さんと相談し、山形→福島を越えるのは時期的に不可能という結論に達しました。そこで今回、いったん車でリヤカーを山形から仙台に運び、そこから福島に向かうことにしました。

という事で、今回、僕と高校のときの後輩”エビチリ”はレンタカーで山形までリヤカーを迎えに行きました。出発の前日、僕が借りる予定の軽トラが事故で使えなくなり、代わりにハイエースを同じ値段で貸すという連絡があり、不吉な気持ちと同時に少し得した気分になりました。

宮城と山形の県境は雪が積もってました。やはり山形→福島はリヤカーでは厳しいですね。

朝10時、山形県庁に着き、警備の方に保管場所を聞いて向かうと、、、発見!!
発見!

ハイエースに入らなかったらどうしようという不安もありましたがピッタリ!

県庁を後にし、せっかく山形に来たということで羽黒山へ観光に。

僕(右)とエビチリ(左)とリヤカーとハイエース@羽黒山麓のため池

出羽三山神社で今後のリヤカーの安全を祈願。

そして、無事僕が働く宿や萩に戻ってきました。

これから宮城→福島を引く予定ですが、とりあえず引く人が足りないので来れる方はぜひぜひ一緒に引きましょう!!!

布田隆介

広告
カテゴリー: リアカーレポート パーマリンク

2011,11,23 山形→宮城 への3件のフィードバック

  1. Ayaka Mikami より:

    布田さんこんにちは!
    宿や萩ではお世話になりました〜

    宮城→福島をどのルートで行かれるか分からないのですが、
    もし仙台→山形のように交通量の多いルートを行かれるなら、前回のように女川の「旗」のような目立つものをリヤカーにつけるのをおすすめします。
    リヤカーが目立たないと後ろからトラックに引かれる危険性があるので・・・!!!!

    宮城→福島頑張ってください〜!応援してます〜!!

  2. Aya Takahashi より:

    リヤカー移動、お疲れ様でした☆山形→福島間はすっかり雪模様なんですね。
    福島へ遠征予定のayaです。あまり深く考えずに行くね~と言った今、地図を確認して福島→水戸、福島→宇都宮、どちらにしてもこんなに距離があるとは知らず、軽くめまいがしました(笑
    福島以降、どこまでできるかわかりませんが、布田さんが無事に引っ張ってきてくれるのを待ってますね。お気をつけて~☆

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中