2012/03/12 内船-興津 工藤レポート

2012/03/12

 

気温マイナス3℃で野宿。

本日も、この企画言いだしっぺの工藤が、山梨県内船から静岡県興津までのレポートをします。

 

なんせコンクリートの上に薄いキャンプ用のマット引いただけ、しんしんと冷え込んでくる。おまけに僕の寝袋は、春夏秋の3シーズン用にもう一枚夏用寝袋と寝袋カバーをかけた簡易4シーズン用寝袋。夏用寝袋を余分に重ねたからといって4シーズン用になる訳がない。とにかく寒くて夜中に何回も目が覚めた。

 

どうにかこうにか夜明けを迎える。テントを張った場所は、セメント工場の前だった。

 

 

 

テントの天辺がバリバリ凍っていた。えいちゃんの温度計によればマイナス3℃まで冷え込んだらしい。えいちゃんの冬用寝袋でも寒かったらしい。まったく僕の寝袋じゃ凍死寸前だよ。

昨夜、頂いた水を沸かして朝食のカップラーメンを食べる。コンロなどひとセット持ってきてくれていたえいちゃんに感謝!体が少し温まってきた。

 

朝日に照らし出された遠くに見える山々の頂には、雪が積もっていた。

 

2日目スタート。昨日の疲れで体中が痛い!

今日中に静岡県興津駅まで32キロ歩けるだろうか?

今日も県道を歩き始める。いきなりの登り坂。体を温めるのにちょうど良いので最初は、僕がリヤカーを引く事にした。坂を上りきったところで遠くの山々をバックに記念写真。

坂を下り、橋を渡り国道52号に入る。途中高校生たちから声援を頂く。よっしゃ!今日も頑張るぞ!気合入れて一歩一歩足を進める。朝日は暖かいが風はかなり冷たい。

昨日は、6回も差し入れが有った。今日も同じ様に差し入れないかと「差し入れ!差し入れ!」と連呼してわざと目立つように車道を歩いていたら、えいちゃんから「趣旨が違う」と一喝される。

 

1時間ほどしてコンビニでえいちゃんに交替してもらい前へ進む。浜松の柴田さんから頂いたアドバイス通り大型トラックが多い。十島を過ぎ並行するJRの線路離れ、いよいよ今日の本番。5キロ以上続く上り坂が始まる。二人で交替しながらリヤカーを引くがとにかくキツイ。延々と続く上り坂。

 

反対車線にガードレールのついた歩道が有ったので道を渡り歩道に入る。200mくらい進んだところで歩道は行き止まり。さすがにガードレールを乗り越える事は出来ず引き返す。

 

せっかく上った坂を下る。やりきれないが「人生そんなもんさ」とお互い慰めあいながら下る。二人で良かった。一人だったら上った坂を200mも戻ったら、完全に気持ちが折れていただろう。

 

山梨県と静岡県の県境に到着。遂に11県目突入!!!

僕には、騒ぐ元気は無い。えいちゃんが、ちょっとテンション上げて記念写真。

 

しばらく歩いたところで「あそこまで行くんじゃない?」えいちゃんの言う方向を見る。隣山のかなり高いところを道路が走っている。かなり気持ちが萎える。一向に差し入れも無い。時々頂く声援に答えながら進む。真夏じゃないことが救いだ。「誰がこんな事始めたんだ!」と以前リヤカーをひいた皆さんが悪態をついていた気持ちがよく分かる。とにかく下を向いて歯をくいしばり自分に自分で「頑張れ!」と声援を送り前へ進む。

二人で交替を繰り返しながらようやく頂上近くの食堂に辿りついた。十一時半。少し早いがここで昼食をとることにした。

ざるそばと天ぷらを頂くことにした。手打ちのそばも天ぷらもとても美味しかった。おでんも美味しかった。

そろそろ体が言う事を聞かなくなってきている。店の方からリヤカーの事を聞かれ、説明しチラシを渡す。店先の駐車場でリヤカー内の荷物を整理していると、店の中から、さっきチラシを渡した店の方が出てきてみかんを一袋頂いた。すっかり差し入れの事を忘れていた。嬉しかった。「差し入れ!差し入れ!」と欲を掻いている時は、何ももらえないのがよく分かった気がする。やはり、とにかく直向きにリヤカーを引くべきなんだろう。

 

「もう少し行けばが下りが始まるから、頑張ってね!」と励まされ、残り十五キロが始まる。

 

今度は、延々と下りが始まる。疲れきった体では下りもかなりキツイ。最初の急なところは、リヤカーの後方両端にロープを括りつけて手綱のようにして前と後ろでリヤカーを調整しながら下る。

 

コンビニで休憩をとる。店から出てきたおじさんが、話しかけて来た。リヤカー企画の説明をすると、別れ際、「つり銭カンパするよ!」と言って、なんと1890円もカンパ頂けた。

感謝!名前を聞こうとしたらサッとトラックに乗って行ってしまった。普通のおじさんだったが、スマートな振る舞い。なんとも格好良かったです。

 

そういえば昨夜、夕食をとった「ゆたか屋」さんからもらった熨斗袋の中身を見ていなかった。確認すると、なんと5千円札が入っていた。びっくりだ。志ににしてはちょっと多すぎる。(帰宅後、無事に興津に到着したことと、カンパのお礼を使い道の確認をしておいた。「頑張ってね!」と温かい言葉を再び頂いた。ありがとうございました。)

 

 

ここから先が、なかなか前に進まない。足が痛くえいちゃんの足を引っ張ってばかりだった。何回も休憩をとらせてもらいながら下る。

歩道が途中で通れなくなり何回も戻る事の繰り返しだ。二人共、悪態をついては戻る。

日も傾いてきた。少し裏道を歩くことにした。ただ大回りしただけだったが、早咲きの桜を見ることが出来た。回り道も大事なのかな。

前方を新幹線が走っている。遂に峠を越えた。後、2キロ弱だ。

ずっと歩いてきた国道52号と別れを告げ、街中の細い道に入った。

日本一周の旗を見つけた子供たちに囲まれ質問攻めに遭う。メッセージを書きたいとの申し出に答えマジックを渡す。津波の事、書くの?と聞かれ津波とはあんまり関係ないよと伝えた。「分かった!「日本一周がんばれ!」って書く。」もの分かりの良いガキんちょだった。

そして、いよいよゴールの興津駅。

二人で感動のゴール。とはいかずトイレに急ぐえいちゃんは、先に駅に向かった。後から一人リヤカーと共にゴールした。僕は、へたり込んだ。

トイレを済ましえいちゃんが駅から出て来た。

近くの女子高生を捕まえ、記念写真を撮ってもらった。

まだ余裕が少し残るえいちゃんと精魂尽きた工藤

帰り道、電車の乗り換えがキツかった。階段を下って隣のホームへ移動しなくてはならなかった。でかいリュックを背負いフラフラしながら階段の手すりに必死にしがみつき移動した。そして僕はヘロヘロになりながら家に帰った。

 

 

この2日間、沿道のたくさんの方々にお世話になりました。企画に参加して応援してくれた皆さん、ありがとうございました。そしてリヤカーに装備された備品を用意してくれた石田さん、神宮さん、しんちゃん他の皆さんありがとうごさいました。

 

最後に、えいちゃんと浜松駅の手すり。僕を助けてくれてありがとう!

広告
カテゴリー: リアカーレポート パーマリンク

2012/03/12 内船-興津 工藤レポート への2件のフィードバック

  1. rearcar01 より:

    fujiiさん、ありがとうございます。謙虚にがんばります。
    今後も皆さんからのご協力あっての企画です。
    よろしくお願いします。

    工藤

  2. かわさきのFujii より:

    お疲れ様でした! 言い出しっぺは辛いヨ!!
    でも栄ちゃんの一喝に一票 :-p)
    この企画が上手くずっと継ることを信じています〜。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中