2012/04/11/ [48日目①] 愛知県 和地バス停(田原市)-愛知県伊良湖岬 金子レポート

 

予想通りの雨である。

何か悪いことでもしたであろうか?

別に思い当たる節は  . . . . . . .。

あった。

そうである。

あれに違いない。

あの親子の呪いに違いない。

ああ、些細なことを揶揄したのがいけなかったのだろうか?

それはさておき、なんで雨の中を最大85リットルもある重いザックを背負い、リヤカーなしで10キロも歩かなければならないのだ。

どう考えても可変しいのだ。しかもだ、行ってまた戻ってくるのだ。往復20キロも歩いて振り出しだ。バカとしか他に言いようがない。

当然、あの親子のことを笑う資格はない。

リヤカー引きに来たのに、その肝心のリヤカーがないとは前代未聞である。なんだか無性に腹が立ってきた。チクショー!バーロー。

だが昔から言うではないか「苦労は買ってでもしろ」と。そうである、その通りである、そうに違いないと自分に言い聞かせつつ歩いた。

坂。リヤカー地獄。

1

しかし、納得できなかった。正直、納得したくなかった。雨が強くなればなるほど、なんとも理不尽な気持ちがふつふつと湧いてきた。

そこで、自分に言い聞かせ、確信したのである。「苦労は買ってでもしろ」は戴けても、「工藤は勝手にでもしろ」は戴けないことだと。

疲れた。休憩したいが何もない。あるのはビニールハウスと真直ぐな道だ。只管歩く。人もいなけりゃ、熊もクルマも走っていない。

IMGP4209

腹が減ってきた。目が翳んできた。意識が朦朧としてきた。もう駄目だ。先立つ不幸をお許し下さい。「お父さん、お母さん」 . . . . 。

すると、眼前に「モーニング、喫茶かくれんぼ」の看板が屹立していた。おぉ、神のご加護か有難きしわ寄せならぬしあわせである。

IMGP4212

有無を言わず問わず扉を開け店内へ吸い込まれる様に入って行く。「いらっしゃいませ」の声がない。店主も先客もフリーズである。

大体に於いて、朝から高い山もないのに大型ザックを負った登山客がずぶ濡れで入ってきたのでは呆気にとられても仕方がない。

モーニングを頼む。週刊誌を開く。巻頭グラビアが井上和香であった。そこにはあの唇、豊満な胸を覗かせた艶かしい肢体があった。

モーニングが来た。四つ切トースト1/2、マカロニサラダ、ゆで卵が付いていた。和香+ゆで卵=男性諸君には最高の組み合わせだ。

食べる前から興奮状態である。疲れは吹っ飛び、「ヨッシャ!やったるで!ガォ~」と叫びたくなる衝動に駆られたのは言うまでもない。

IMGP4210

元気100倍、ファイト1発、屁は不発。あっという間に保管場所に着き電話を掛けると、小久保氏は市場へ行ってしまった後であった。

今さっき、信号待ちをしている時にすれ違ったそうだ。本人に代わり母上様が応対して下さり、無事リヤカーを引き取ることができた。

IMGP4213

土産にミニトマトを3袋戴く。直ぐ様アイコをがぶり、アマ~イ~。続いてシンディをがぶり、ジュ~シ~マイウ~。ありがとう、サイナラ。

しかし、これから又、来た道を10キロも戻るとは情けない。

「バカだねぇ~。ホント、おらぁ、つくづく厭になっちゃうよ。いい歳して、何を馬鹿げた事をやってんだろうね。」

「あたしゃ、恥ずかしくて世間に顔向けできやしないよ。まったく、どういうつもりなんだろうねぇ」とおいちゃんとおばちゃんが愚痴ってる。

雨の中、小一時間戻り唯一のコンビニ、サークルkサンクスに寄った。ここで、軽く栄養補給する。会計を済ませ軒先で休憩しているとレジの女の子が外に出てきて、リヤカーの写真を撮らせてくれと頼まれた。断る理由はないので一つ返事で了承する。店内にいた買い物客まで出てきた。リヤカーオオモテである。すると今度は、自分と一緒に撮りたいという。一瞬ためらった。何故かって?だって、女の子たちは軒先で、リヤカーと自分は必然的に雨に打たれることになるからである。濡れたら休憩の意味がなくなるではないか。なんと心の狭い男であろうか?女々しい奴である。本当に情けない奴である。こんな奴はリヤカーの風下にも置けぬ。リヤカー界から永久追放しろ!

ここで一句否3句浮かんだ。

「濡れるのが おれとリヤカー ぶたクジだ」

「濡れるから さっさと撮れよ  じれったい」

「濡れたいの あなたとともに   雨の中 」

IMGP4218

楽しい時間は過ぎ、また孤独なリヤカー引きに戻る。

まだこの先、2時間は掛かるとみた。そうである、あの坂が待ち受けているのである。一人でリヤカーを引いて上るには地獄の沙汰だ。

リヤカーにその時が一歩一歩近づきつつあったのである。

 

<スタッフより>

陽気なリヤカー野郎は、雨の中どうなるのか?

次回作、お楽しみに。

 

春、リヤカー旅の季節です。

皆さんも、リヤカー旅を始めませんか?

旅への参加ご希望の方は、メールrearcar01@gmail.comかfacebook

の方へお気軽にご連絡下さい。

尚、気ままなリヤカー旅、ご希望通りの区間で参加はおそらく難しいです。

前後数十キロ、ずれることはご容赦ください。

GW、是非ご参加ください。

4月28日〈土)、平谷さんが三重県四日市市南日永から北上します。

リヤカーを発見したら声をかけて上げてください。


にほんブログ村 旅行ブログへ

にほんブログ村

人気ブログランキングへ

広告
カテゴリー: リアカーレポート パーマリンク

2012/04/11/ [48日目①] 愛知県 和地バス停(田原市)-愛知県伊良湖岬 金子レポート への1件のフィードバック

  1. 紫サンダルのオレンジヨーヨー より:

    頑張って~

    宮城から応援していまーす!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中