2012/04/12(水)[49日目]三重県 伊勢市の夜 金子レポート

 
そこは、リヤカー・イン・ワンダーランドであった。
 
IMGP4275
 
築70年の古民家であった。
落語世界の長屋であった。
ちょうつばが似合っていた。
当然だが風呂はなかった。
タイムショック、偶にはストリップ、今はタイムスリップである。
 
「お母さん、ストリップってナニ?」
また、出てきたあの親子。息の出来る程度に口塞げ!
 
 
夕飯前に一風呂浴びに行く。
幸いにして斜め向かいに銭湯がある。
「今日は、本当に色々な出会いがあった。」
ゆったりと湯船に浸かり、今日一日の記憶を反芻するリヤカーであった。
 
風呂上り、近所の「ぎゅーとら」でビール、カツオ、豆腐、レタス、たまごを購入。
カツオの叩き。そして、みず菜とトマトを拝借し、ゆで卵を加へたサラダを作る。
オリーブオイル、塩、コショウ、味ポンの即席ドレッシングを上から適当に振る。
 
晩餐の席へ出向くと、いつの間にか食卓が賑わっていた。
トギさん、りなちゃん、理真さん、キヨくん、櫛野さんと山田さんの計6人。
そして、楽しいときわ荘の晩御飯が始まったのである。
 
412726_287771471301405_935104655_o
 
「リヤカーさんが作ってくれたカツオうまいです」
「サラダもゆで卵入りでとても豪勢でうまいです」
 
と、ここまではよかった。
が、しかし、ここでリヤカーにとんでもない災難が降ってきたのである。
な、なんと、信じられぬことに酒を飲む人間が誰もいなかったのである。
必然的に全員、ご飯にカツオ、ご飯にサラダと連続摂取技を披露し続けたのである。
 
でどうなるかと言うと
あれよあれよと言う間に、DVDの早送りをも凌ぐ物凄いスピードでリヤカーのつまみが消えていったのである。
「ちょっと待て、取り敢えず、いいから待て!」
「それ買ってきたのも、作ったのも誰だと思ってんの、えぇ?」
「おい、お前ら、聞いてるのか、食ってばかりいやがって、このヤロー !」
「サファリパークのエサの時間じゃあるまいし、ゆっくり食え!バカヤロー」
伊勢の中心で「哀」を叫ぶ衝動に駆られたリヤカーであった。
こちらはゆっくりと飲みたいのである。
ささやかな、幸せの時間を持ちたかったのである。
6缶パックを一本づつ空けていきたかったのである。
しかし、悲しいことに今の状況ではそれを許してはくれなかった。
 
 
つまみは無くなった。
 
後片付けが始まった。
 
缶ビールだけが残った。
 
 
 
 
どうにもこうにも飲み足らなぬ。
不完全飲酒では、気が落ち着かぬ。
このままで、一日の終焉を迎え入れることは許されるはずがない。
 
それで、どうしたかだ?
こうしたのだ。
「つまみ」捜査開始だ。
そして、見つけたのであった。
 
そう、あの「おはらい町通り」で頂いた豚まんが残っていたのである。
 
レンジでチンしてアツアツをつまみにした。
はふはひしながら、一気に食べたかった。
だが、豚まん一個に対してビール4缶なので、ちびちびと千切ってはビールを飲む羽目になった。
なんとも情けない晩酌であった。最終的にビール2缶が冷蔵庫の奥隅の方に眠ったままになった。
 
 
兎に角、ビールを飲んだので寝ることにした。
すると、心優しき山田さんがお隣の自分の部屋を提供して下さった。
「ありがたや!」この日もぐっすりと眠れたしあわせリヤカーであった。
 
 
広告
カテゴリー: リアカーレポート パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中