2012/04/13(金)[50日目]① 三重県 伊勢市-三重県 津市 金子レポート

 
翌日、いよいよ最終日である。
津に向けて今回の最長距離だ。
みんなに別れを告げ出発しようとしたところ、リクエストがあった。
 
そうである。みんながリヤカーを引きたいと言い出しのである。
大いに結構、日光、けっこう、リヤカー引かずにして結構と言うなかれである。
 
山田さんが人力車を出した。
 
そして、なんと
「乗ってください」と信じられないような言葉を発した。
 
こんなことがあってもいいのだろうか?
リヤカー引かずに、人力車に乗ってしまうなんて、これでいいのか?
 
いいのである。
それでいいのである。
そうしてもいいのである。
とても気持ちいいのである。
なんだか急に偉くなった様な気持ちになってきた。
 
IMGP4282
 
「した~に~、した~に~」
 
と誰かに言って欲しくなってきた。
 
人力車に乗って街中を行く気分は最高であった。
 
IMGP4283
 
IMGP4290
 
先頭を第一リクエストのりなちゃんがリヤカーを引いて行く。
荷台にはパープルボンバー理真ちゃんが日傘を差して乗っている。
その後ろを正真正銘の車夫山田さんがバカ殿を乗せて人力車で追尾していく。
歩道では、キヨ君が伊勢市練り歩きの様子をバカ殿代理で撮影してくれている。
 
IMGP4284
 
 
しかし、大変なことになってしまった。
当然だが朝の伊勢市も例外ではなく、通勤、通学の時間帯があり、、正に今、この時であった。
 
往き交う小学生がぽか~んと、ニキビ面の中坊がぼぉ~っとしたまま突っ立っている。
自転車に乗った女子高校生の左手がミニスカートから離れてしまい太腿が露になる。
それを見たミニバンのオヤジの息は荒くなり、人参を目の前にした馬の様なっている
信号待ちのバイクのオバサンがヘルメットのサンスクリーンを揚げて目を擦っている。
シャッターを開けた爺さんが突然の光景にも拘らず、二拝二拍手一拝の仕種をしてる。
 
交差点では右折しようとするリヤカーに皆が道をあけて、沢山の声援をして下さった。
我先にの都会とは違って、なんと心優しい、素晴らしい人たちばかりなのであろうか?
昨日、今日と立て続けに、伊勢の人々に厚遇されっぱなしの幸せリヤカーであった。
 
ときわ荘から約30分程引き歩いて県道37号に出た。
ここは宮川陸橋の下で交通量が少なく安全なのでみんなで記念撮影をした。
 
IMGP4292
 
ときわ荘のみんなは各々にペンをとり、ノートに熱いメッセージを書いてくれた。
二日間楽しい時間を過ごさせて戴いた御礼と別れを告げ、一路『』へ向かう。
 
IMGP4301
陸橋を渡り終えたところに、軽のワンボックスが止まっており、そこから女性が降りてきた。
「こんなものしかあげられないけど途中でこれでも食べて元気出して頑張りなさいね」とおはぎを下さった。
「ありがとうございます」
「どこまで、ゆくの?気をつけてね」
実に有難い。
誠に有難い。
素直にそう思った。
でも、でもである。
リヤカーにも好き嫌いがある。
そうなのである。実はリヤカーは『おはぎ』が大、大、大の苦手だったのである。
だから、おはらい町通りの伊勢名物「赤福」には目もくれず、素通りしてきたのである。
取り敢えず、荷台に載せブルーシートを掛け、我が視界から完全遮蔽し、一安心した。
 
 
順調に進み9:16マクドナルド玉城店で朝マック。
屋外の席にて、二杯目のコーヒーをゆっくり飲む。
県道37号線は通勤の喧騒もなくとても静かだった。
本当に順調だ。
ずっ~と平坦なので楽チンチン、スイ、スイ、スイ~と行く。
 
IMGP4302
 
松坂市に入った。
そこらじゅうに牛、牛、松坂牛の看板がぎゅうぎゅう詰めだ。
そろそろ、お昼だ。
よし、奮発して松坂牛ランチでも食べようと、、、、、、、、、。
普通はそう思うでしょ。
そうじゃないんだな実は、リヤカーは、牛肉が××であった。
 
牛が嫌いではなく、牛脂に弱いのである。
消化酵素が余りにも貧乏性なのだろうか?
だから、高級な霜降り肉は駄目なのである。
 
だが、伊勢えび、赤福、松坂牛のどれもこれも食べないと、後であれこれ言われるから意を決した。
 
そこで、目の前にあった「すき家」でランチにすることにした。
だが、用意周到、念には念を入れて、店員に訊いてみた。
「ここのお肉は松坂牛ですか?」
「???」
キョトンとしている。
「松坂牛を使っていないですよね?」
「ちょっと、お待ち下さい」と言って引っ込んでしまった。
すると、店長らしき人物が現れた。
「大変、申し訳ありませんが、当店のお肉はオーストラリア産を使用しております。」
 
大いに結構、結構毛だらけ猫灰だらけ、あんたのお尻は糞だらけ!
それでいいのである。
何も、謝る必要はない。
 
12時11分会計を済まし、すき家松坂中央MV店を出る。
すき家は牛丼以外のメニューが豊富なので助かったリヤカーであった。
 
「お母さん、リヤカーさんはなにを食べたの?」
又、あの親子だ。
余計なこと言わなくていいから、宿題でもやりなさい。
しかし、とても痛いところを突かれたリヤカーであった。
 


広告
カテゴリー: リアカーレポート パーマリンク

2012/04/13(金)[50日目]① 三重県 伊勢市-三重県 津市 金子レポート への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 伊勢にちょっと戻ります。 | リヤカーをバトンに日本一周リレー旅

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中