2012/04/13(金)[50日目]② 三重県 伊勢市- 三重県 津市 金子レポート

IMGP4308
 
 
IMGP4312
 
IMGP4314 

暫く行くと、背後から自転車に乗った職人らしき人物に声を掛けられた。
 
 
「サイン、サイン、していいですか?」
「                   」
「俺にも、書かせて下さい。サインを」
やっと、飲み込めた。彼はリヤカーにサインではなくメッセージを書きたかったのである。
そこで、リヤカーを引いた者だけが記入できるのだと説明し、その代わりにノートへ書いてもらった。
 
「オレ、実は、今、職、探していて、それで、教えて貰いたいんですけど、南相馬の方はどうですか?」
 
この人物、何から何まで唐突で、どう説明していいか分からない。そこで、こちらから幾つかの質問をした。
そして、彼が言わんとしている事が大よそ理解できた。
 
彼は無職であり、近くのハローワークの帰りがけにリヤカーを目撃し、東北の文字が目に入り、現地の状況が知りたくなった。
なぜかというと、南相馬で土建関係の求人があり、そこへ行こうと思ったが原発がネックで家族に猛反対されてしまったのだ。
南相馬のことは分からないので石巻の状況を説明した。
すると今度は
「原発、影響ないですよね?」
「どんな、仕事ありますか?」
「オレ、何でもヤル気です!」
と言われても、困ってしまったリヤカーであった。
「写真とってもいいですか?」
許可すると彼は歩道に仰向けになり、腹筋状態で、リヤカーの背面だけを携帯で何枚か撮った。
写真を撮って満足したのか「がんばって、下さい、オレもガンバリますから!」と言って自転車で走り去っていった。
珍客の訪問に足踏みをしてしまったリヤカーは先を急ぐ為、ギヤチェンジをしてスピードアップしたのであった。
 
すると、又もや背後から声がした。
「すいません、すいません」
シフトダウンすると声の主が脇に来た。
「日本一周しているんですか?」
「これって、誰でも引けるんですか?」
「いつまで、この近辺にいるんですか?」
「今日は、何処まで目指しているんですか?」
興味津々らしい。
ツナギにHONDAと書いてあった。
今さっき、通り過ぎたホンダで整備をしている若者であった。
彼は引きたいのだが、遠くへ行ってまで引く気はないらしい。
でも、興味を持って呉れただけでもうれしいとリヤカーは思った。
 
 
 
その後、誰にも声を掛けられず順調に進んだ。
 
時々、手を振ってくれたり、クラクションを鳴らす車が行き交う。
 
ディーラーの美人受付け嬢さんが気付いてニコッとしてくれる。
 
コンビニで立ち読みしている人々が雑誌から目を離してしまう。
 
ファミレスの窓際に座っているカップルが何アレ顔をしている。
 
そんな中をちょっと早めのスピードで目的地の津市に入った。
 
 
県庁は直ぐそこだ。
大通りを左折すれば、残り僅かだ。
そのはずだった。
だが、そうは問屋は許してくれなかった。
 
県庁は急な坂を上りきったところにあった。
最後の最後ににやられてしまったのであった。
今の今まで真っ平らだったのにコンチクショー。
 
それにしても、急な坂だ。
これでは、高齢者、妊婦、ベビーカーは覚悟がいる。
松葉杖、車椅子、担架、自転車は利用しないに限る。
 
リヤカー地獄再びである。
あの、デットクリフ坂のミニチュア版だ。
それにしても、キツイ。
 
着いた。
県庁前。
終わった。
 
IMGP4317
 
 
終わっていない。
保管場所が決まっていない。
だが、目星は付けて置いた。
手抜かりないリヤカーであった。
 
交渉一発成功保管場所決定!
四天王寺さんに厚く御礼を申し上げて保管をお願いした。
 
雨が降ってきた。
急いで、荷物をまとめて、退散することにした。
ところがである。
出てきてしまったのである。
そう、あのおはぎが残っていたのである。
取り敢えず、持って行くことにした。
どうするか?
津駅へ向かいながら色々考えた。
工藤ちゃんへプレゼントしようか?
宅急便を使うのは愚の骨頂だ。
でも着払いにしたらどうだろうか?
 
思案しながら、おはぎの消費期限を見ると、な、なんと切れている。
「やったー」なんだか分からないが不幸中の幸いとはこのことか?
これで堂々と処分が出来るとリヤカーは思った。
ゴミ箱を探して、さっさとポイすりゃいいと思った。
だが、なんとなく良心が痛むリヤカーでもあった。
 
どうしようか?
陽が没してきた。
雨脚も激しくなってきた。
どうする?
さあ、どうする?
あなたな~らどうする?
 
答えを見つけられず、途方に暮れるリヤカーであった。
 
捨てたけりゃ、捨てればいい。
放りたけりゃ、放ればいい。
それでいいんだよ。
すべていいんだよ。
本当にいいんだよ。
 
正直でいいんだよ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「お母さん、僕が代わりに食べてもいい?」
 
と、あの子の声が.した…………………………………..。
「もったいないもんね。お母さん」
 
 
 
 
                               完
 
 
 
 
 
 
 
広告
カテゴリー: リアカーレポート パーマリンク

2012/04/13(金)[50日目]② 三重県 伊勢市- 三重県 津市 金子レポート への2件のフィードバック

  1. ふじい より:

    そう、もったいないですよね 。
    度重なる登り坂の攻略、お疲れ様でした。
    レポート、毎回楽しく読ませて頂きました (^o^)/

  2. ピンバック: リヤカーをバトンに日本一周リレー旅

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中