2012/04/21(土)[52日目] 三重県鈴鹿市 白子-三重県 四日市 南日永 森田家族・岩井レポート

<岩井レポート>

9:30に近鉄白子駅で森田ファミリーと待ち合わせ。予報は一日曇りのはずだったが、最初から雨。

傘を差しながら、リヤカーを預かってくれた青龍寺へ。そこでFBで何度も見ていたリヤカーと、ようやくご対面。

リヤカーに書かれた寄せ書きを見て、雨で下がり気味のテンションも回復気味。

533345_211767512274842_100003247841465_356476_692484898_n

出発前の記念撮影のとき、お寺にこられた人からトマトの差し入れと支援金千円をいただきました。

ルートは、森田さんが調べてくれた旧伊勢街道を北上。古い町並みが残るところもあり、街道の雰囲気が感じられました。

お伊勢参りの歴史に想いをはせながらリヤカーを引く。天気は昼ごろまで降ったり止んだり。

2時間弱で伊勢鉄道鈴鹿駅近くを通過。駅の近くのコンビニでランチ購入。

405143_211767832274810_100003247841465_356486_120992017_n

しかし、食べるのに適当なところがなく、そのままリヤカー引きを続行。一時間以上引いたところで、鈴鹿川沿いに手ごろな公園がありランチ。

577641_211767795608147_1344199288_n

食後はブランコしたり、リヤカーに手裏剣をデコったりしました。(伊賀出身なので)これから引く人は探してみてください。

鈴鹿川を超え、しばらくすると四日市に突入。工場が増え始め、国道一号・近鉄内部線追分駅を通過したのが、15時過ぎ。

この追分が東海道からの分岐点。このあたりでゴールを内部線泊駅決める。しかし泊駅に到着したはいいがリヤカーの預け先が決まらず、もう一駅進むことに。

33949_211768038941456_100003247841465_356494_1350146316_n

無人の寺、移転した交番などを経て、ようやく南日永駅近くの両聖寺さんからOK返事をいただきました。

子供連れなので、あまり進めないですが、と事前に言われていたが、結果的には直線距離で12キロも進みました。

小学生の子供2人もよくがんばったな。終わったときには僕のほうがバテててた気がするな(笑)

たまたま「萩や月」に泊まったことがきっかけで知ったこの企画、軽い気持ちで引きたいと言ったが、けっこう大変でした。

でも、いきなり参加した僕に、最初からフレンドリーに接してくれた森田ファミリーのおかげで気分よく引くことが出来ました。ありがとうございました!

<森田ファミリーレポート>

4月21日

白子~四日市(両聖寺)

朝から雨。テンションダウン・・

白子駅でタカシ君と合流したが、お互いテンションは低い。

だが、子どもたちはハイテンション。とりあえず保管場所『青龍寺』へ向かった。

早速、子どもたちは住職からお菓子をもらっていた・・

「ここのお寺には子どもはいないはずなのに、子どもの声がするなぁ」と

お参りに来ていたおじさんやおばさんが寄ってきた。リヤカーの話をしたら、

「頑張って」と冷えたトマトや、餞別をくれた。ありがとうございます。

小雨になってきてテンションもあがってきた。

今日も『倭太鼓飛龍』のTシャツ(宣伝です)

380212_211767602274833_100003247841465_356477_992057607_n

海沿いを四日市へ向かおうかとも考えたが、工業地帯が多いので喘息の俺やこどもたちにはツライと思い、やはり旧伊勢街道を北上することにした。

この日は5人で順番に牽けるので、随分楽ができそう。

401685_211767645608162_100003247841465_356479_1470087415_n

途中、小休憩をとり、朝いただいたトマトをみんなで食べた。美味かったなぁ。

560452_211767662274827_100003247841465_356480_1581148228_n

長い田園地帯をひたすら進む。

559565_211767718941488_100003247841465_356481_894168036_n

529877_211767765608150_100003247841465_356483_2053528511_n

公園で昼休憩。

子どもたちはタカシ君と遊びだした。ちょうどいい。任せておこう。

休憩中に伊賀の手裏剣を貼らせてもらいました。もし敵が攻めてきたら使ってください。

528614_211767812274812_100003247841465_356485_1329482931_n

春らしい菜の花がいっぱい。

295089_211767842274809_100003247841465_356487_142001074_n

四日市に入った。今日はどこまでいけるだろう?ゴールは決めてなかった。

558603_211767858941474_100003247841465_356488_1659395898_n (1)

またまた道しるべ発見!

531312_211767902274803_100003247841465_356490_1084951464_n

そろそろビール飲みたいなと思っているとこんな看板。・・・ガマンガマン・・

72951_211767942274799_100003247841465_356491_1098736521_n

旧伊勢街道がなくなったので、しばらく工業地帯をすすむ。

539957_211767962274797_875202253_n

旧東海道でタカシ君に家族の記念写真をとってもらった。タカシ君は右上のカーブミラーに写ってます。

401599_211767978941462_100003247841465_356493_1385539203_n

保管場所探しの時間を見て、午後4時頃、泊駅でゴール。

156542_211768062274787_100003247841465_356495_1560457109_n

しかしこの後中々保管場所がみつからず、次の南日永駅近くまで彷徨いました。

両聖寺の奥さん、快く引き受けてくれて、やっと帰れる~。涙が出た。

427822_211768095608117_100003247841465_356496_15535393_n

帰りの電車の中。タカシ君とは反対方向なので駅で別れた。

タカシ君と別れたら急に寂しくなってきたと言い出し、お兄ちゃんが泣き出した。

子どもたちにとって、一期一会の出会いという、とてもいい、貴重な体験をさせて

あげられたな、参加してよかったです。

539882_211768122274781_100003247841465_356497_1359835821_n

色々な人と出会えたことが何より良かった。とても良い経験が出来ました。また、

この先でも牽きたいです。今回は少しでも距離を進めようという意識があったけど、

今度牽かせてもらえたら、ゆっくりのんびり行きたいなぁ。(妻より)

5年生にもなると思っていたより体力があり、頑張って牽いていました。

たくさん歩いて、リヤカーも牽いて、疲れたけど、日本一周のバトンを繋ぐことが

できてよかった。楽しかった。(長男10歳の感想)

次男は3年生ですが、クラスでも一番チビ、ついて歩くだけかなぁと思っていたけど、

安全な場所で何回か頑張って牽きました。とにかく元気いっぱい、朝起きてから

寝るまで動きっぱなし、しゃべりっぱなしの子で、ゴールしてからもまだまだ

元気いっぱい、寝るまでハイテンションでした。

めっちゃ楽しかった~。またやりたい~。(次男8歳の感想)

<スタッフより>

前回、夫婦リヤカー旅をした体力系リヤカー野郎森田さんが、奥様だけでなく子供2人を連れての家族リヤカー旅でした。初参加の岩井さんも同行。

子供たちと、初対面の岩井さんの間に生まれた心のふれあいが素敵でした。

次回は、今年流行(?)のリヤカー系女子2名が参加です。

皆さんも、リヤカー旅を始めませんか?

5月.6月に清州から岐阜県庁、米原を目指せてくれる参加者募集中です。

旅への参加ご希望の方は、メールrearcar01@gmail.comかfacebook

の方へお気軽にご連絡下さい。

尚、気ままなリヤカー旅、ご希望通りの区間で参加はおそらく難しいです。

前後数十キロ、ずれることはご容赦ください。

是非ご参加ください。

リヤカーを発見したら声をかけて上げてください。


にほんブログ村 旅行ブログへ

にほんブログ村

人気ブログランキングへ

広告
カテゴリー: リアカーレポート パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中