2013/01/27(日)[76日目] 神戸市住吉駅―神戸市鷹取駅 工藤レポート

IMG_0426

車窓に映る雪景色を見ながら神戸に向かった。

昨夜は、平野部でも雪が積もっていた。

本日の天気、晴れ。最低気温0℃、最高気温6℃。

本日も、工藤がリヤカーをひきます。

この企画は、いろいろな方にリレーでリヤカーを牽いて頂き日本一周する企画だ。そして、そこで起こる笑いあり涙ありの小さな人間ドラマをこのブログに綴ってもらっている。

 このブログを見ていてリヤカーを牽いてみたい方は、是非ご連絡ください。お願いします。

名古屋から神戸まで電車で3時間。ちょうど本が一冊読めた。ある意味、良い時間の使い方かも。

リヤカーを預かって頂いた本住吉神社にてリヤカーを受け取る。

本日の予定は、ここから兵庫県庁までの10キロの予定。

ちょうどそこへ近所に住む海人くんがやってきた。海人くんは、前回保管場所を一緒に探してくれた男の子である。前回、海人くんファミリーと会ったときは、あまりに疲れ果てており連絡先すら交わさずに別れた。帰りの電車の中で連絡先を交換するべきだったと後悔していた。しかし、後日、海人くんファミリーから、「お疲れ様でした」とブログ経由でメールを頂いた。とても嬉しかった。これがこの企画の醍醐味の一つだと思う。そして、本日リヤカーを牽く事を打診しておいたのだ。

お父さんとお母さんは仕事の為、海人くんが一人で応援に来てくれた。

海人くんに手伝ってもらいながら折れていた「日本一周」のぼりの竿を交換した。

境内の奥から鳥居のところまで来ると,たくさんの差し入れを持って森さんと辻さんが待っていてくれた。僕の事前連絡がマズかったのか、連続して僕が一人で旅をしていると勘違いされたようだ。なんせ差し入れの中にはカット野菜まであった。ありがたい話です。

森さんと辻さんは、2011年の夏,このリヤカーのスタート地点である東松島のお弁当屋さんでボランティアをしていた。瓦礫処理をする僕らのお弁当を毎日作ってくれた人たちだ。久々の再会を慶び合った。

 IMG_0430

IMG_0428

IMG_0429

鳥居の前で記念写真をパチリ、パチリ。

 IMG_0433

海人くんから、「県庁までリヤカーを牽く」との何とも頼もしい申し出があった。さすがに人様の子にそこまではちょっと…。そこで学区から少し先の警察署まで1キロ弱をお願いする事にした。海人くんが牽くリヤカーの前後に大人を配置して歩道を牽いてもらった。始めてリヤカーを牽くにしてはなかなかのリヤカーさばき。良いリヤカー牽きになれそうだ。リヤカー牽きではなく、以前お世話になった人力車の車夫の後継者として推薦したい。力強い足取りでずんずん進んでくれた。

間もなく警察署の前に着き、そこで海人くんとはお別れした。

海人くん、手伝ってくれてありがとう。短い時間だったが、楽しいひと時が過ごせた。また機会が有ったら手伝ってくれ。

 IMG_0434

次は、森さんと辻さんがリヤカーを牽いてくれた。森さんの勤め先の学校を横目に前進する。数百メートル進んだ右手に古い公会堂が有った。この公会堂は映画「火垂るの墓」にも出て来た有名な建物とのこと。二人が、この地下に老舗の洋食屋さんがあると教えてくれた。時間は、まだ11時。リヤカーを牽き始めて2キロも進んでいないがここで早めの昼食とする。公会堂の中は、かなり古めかしい。Wikiによると昭和8年に建てられた建物とのことだ。薄暗く急な階段を下りた先にある御影公会堂食堂は、当時のまま時間が止まったようなところだった。

IMG_0435

中に入ると、半地下の窓から室内に降り注ぐ光が更にレトロ感を演出している。有名なオムライスも昔ながらの味だが上品で美味しく、また足を運びたいと思った。

ここでコーヒーまで飲んで3人で話しながらゆっくり1時間ほど過ごした。リヤカーを牽きに来たことを忘れてしまうような有意義な時間だった。そして、お会計も二人にしてもらいました。ご馳走様でした。

IMG_0436

公会堂の前で二人とはお別れ。

 IMG_0438

二人から、阪神淡路大震災メモリアルモニュメント希望の灯りを見ていくと良いと教えてもらい三宮にある東遊園地に向かった。

なるべく人ごみの多い駅前は避ける予定だったが、道を間違えて駅前に出てしまった。すごい人ごみの中、リヤカーを牽いて歩く。まわりの人々から受ける迷惑そうな視線が痛いほど突き刺さる。心苦しく思いながら進む。どうにか人ごみを抜け出しかけたところ、突然後ろの方で子供が騒ぎ始めた。「な、な、何?あ、あれ、あれ何?な、な、なんで日本一周???」小学校低学年くらいの子供が、かなりのハイテンションで声を上げていた。あまりのテンションの高さに、関わると不味いかもとちょっと怖くなり聞こえてないフリをして先を急いでしまった。都会の大人たちの反応と素直な子供の反応のギャップにいろいろ考えさせられるモノがあった。そして逃げ出した自分にも…。

「阪神淡路大震災メモリアルモニュメント1.17希望の灯り」

IMG_0439 

IMG_0442

碑に書いてある言葉を噛みしめながら、手を合わせた。この碑に手を合わせるべきかどうかは分からなかったが無意識に手を合わせていた。

人ごみを避けながら駅の反対にある県庁へ向かう。県庁へ向かうには坂を上らないといけない。

リヤカーを牽いたことが有る方なら分かると思うが、坂道では途端にリヤカーが重くなる。平地は、子供でも弾けるのだが、坂道となると話が全く違う。やはり一人ではリヤカーを牽くべきでなかった。

ついに兵庫県庁。ついに18県目攻略!!関西圏コンプリート。

IMG_0447 

IMG_0448

最初は、東京は愚か宮城県すら出られないって言われた。でも、たくさんの仲間の手によって兵庫までやって来た。感激!!鼻水が、

鼻水が凍るほど寒い!

とにかく寒すぎる。ここはビルの北側で日が当たっていない。

感慨にふける余裕なんてない。止まっていると急に体が冷えてくる。

サクッと写真を撮ってとにかく進む。

今まであまり書いてないが、今日は洒落にならないくらい寒い。寒すぎる。

県庁から少し進んだ時、後ろから男性が声を掛けて来た。手にはどこかで見たカイロのパック。今朝、差し入れに頂いたカイロを、県庁前で落としたようだ。男性は、それを見ていてわざわざ拾って追っかけて来てくれたのだ。彼の名前は、西川さん。「五つ星ひょうご」という特産品のキャンペーンをされている方で、とても気さくな人だった。

IMG_0449

お礼を言って記念写真を撮った。こちらも企画の説明をして機会があったらひいてもらうようお願いしておいた。

兵庫に来たら「五つ星ひょうご」で宣伝している特産品を買って上げて下さい。

それから2時間、地図も見ないでとにかく西に向かって差し入れに頂いたコロッケを食べながら黙々と幹線道路を歩いた。時刻は16時半。保管場所探しを開始。1件目、敷地が狭く撃沈。

少し歩くと、いきなり鉄人が現れた!

CA3I0299

あまりの迫力に「おースゲー!」と声が出てしまった。

事前に調べた訳でもないのに鉄人と遭遇するなんてツいている。鉄人が指し示す方向に進む。

活気ある商店街と新しい街並みが続く。

赤信号で止まっていると、自転車に乗ったおばちゃんが声を掛けて来た。チラシを渡し保管場所を探している事を告げると、保管してくれそうな所があるとの事。鉄人効果なのか、ラッキー!

おばちゃんの話によるとこの辺り(長田鷹取間)は、震災当時、相当な被害があったそうだ。建物は、ほとんど全壊で多くの死傷者が出たとのこと。僕が見ていた街並みは、建て直された新しい街並みだったようだ。神戸の人たちの力強さを感じた。鉄人もそんな象徴なのかも。

今から紹介してくれる鷹取教会も、全壊し震災当初は紙管で仮設の聖堂を作り、ボランティアの拠点だったらしい。今回の大震災の時も、大槌町への支援を行っているとのこと。新しく建て直された教会の前でおばちゃんとは別れ保管交渉をしに中へ入ったが留守だった。そこで、途中に見かけた大きなお寺へもどり保管交渉。あっけなく快諾!

今回は、とにかく寒かったが充実した一日を送ることが出来た。

海人くん、森さん、辻さん、西川さん、沿道で声を掛けて下さった皆さん、お陰様で無事でした。

ありがとうございました。

後日、海人くんのお母さんから連絡を頂いた。海人くんは、リヤカーを牽けた事と人の役に立てた事が嬉しかったようだったと教えてくれました。
こちらも、お陰様でとても助かりました。

海人くん、ご苦労様でした。

広告
カテゴリー: リアカーレポート パーマリンク

2013/01/27(日)[76日目] 神戸市住吉駅―神戸市鷹取駅 工藤レポート への3件のフィードバック

  1. せり より:

    く〜ちゃんお疲れさん

  2. ふじい より:

    海人くんエラい! 工藤さん寒い中をお疲れ様でした。18県目攻略おめでとうございます!!
    そして鉄人カッチョイー!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中