2013/05/09(木)[84日目] 岡山県庁―香川県高松市 房前駅

本日は、岡山県庁前から出発です。今日から3日間で岡山―香川―徳島へと向かいます。

CA3I0403 CA3I0406

預 かって頂いている社長に無理を言ってリヤカーを県庁前まで運んで来てもらいました。

CA3I0407

CA3I0408

社長は、県警を攻略です。(なぜか県警攻略が重要らしい。)(笑)。

CA3I0414

 

社長から大きな氷と飲み物を差し入れて頂き、県庁から新岡山港へ歩きはじめました。

この日は、予定外に気温が高く汗だくでリヤカーを牽きました。社長の話だと1時間くらいで港に着くだろうとのことだった。

 急激な気温の上昇で思うように体が動きません。やや熱中症気味。社長に頂いた氷の溶けた水を頭からかぶりながら進みます。1時間経っても港は一向に見えてきません。時計も12時をまわりお腹が空いてきたので中華料理屋さんで冷やし中華を食べました。岡山の冷やし中華にはカラシマヨネーズがついてきません。その代わりに豆がたくさん入っていました。麺もやや硬めで腰があり、なかなかの味でした。マヨネーズが無いのは少し寂しかった。

再びリヤカーを牽きはじめて1時間ほどで港に到着です。たかだか2時間しかリヤカーを牽いていないのに相当疲れました。

CA3I0415CA3I0416

 ちょっと頭がボーッとしながら船着き場へ向かいます。係員の方にリヤカーを載せて欲しい旨伝え運賃を尋ねる。係員は、あちこちに電話をし始め責任者の方まで出てきました。原チャリくらいの値段でお願いしますね!と軽くお願いしのんびり待つことにした。

3

メジャーを持った係員の方が来てリヤカーの大きさを測り始めた。なんだか大事になってきたようだが僕には何も出来ない。まぁ、そんな変な値段を言われることも無いだろう。それより早く日陰で休みたいと思いながら10分ほど待つ。船着き場では我々のリヤカーと同じタイプの古いリヤカーが現役で数台置いてあった。我々リヤカーはレストアしたてで何だか誇らしかった。リヤカーの運賃は小型貨物扱いで2,570円との事。しかもこの値段は、新岡山港から小豆島の土庄までで土庄から高松は会社が違うので向こうで再び運賃が発生するとのこと。あちこち電話していたのは、向こうのフェリー会社と連絡を取っていたのだ。安くしておきましたからと言われて何の気なしにお金を払う。

自分の乗船券を買って、就航まで時間が有るので待合室で一休み。やっと日陰で腰を下ろせる。冷たい飲み物を飲みながらふと思った。なんだか乗船券に比べて運賃高すぎないだろうか?火照っていた体の熱が冷めるに連れてリヤカーの運賃の事が気になり始めた。船着き場の係員の所に戻って「ちなみに大型バイクはいくらですか?」と尋ねると1,200円との返事。大型バイクが1,200円でリヤカーが2,570円とは納得がいかない。その旨、抗議するも既にお金は支払った後、上からのお達しでその値段になったと言われどう仕様もならない。

リヤカーの運賃は、今まで旅の途中で出会った皆さんから頂いたお金の中から出すので余計に腹が立つ。お金を出して頂いた皆さんに申し訳ない。

船の出航の時間になり乗船。1時間ほどの船の旅。

2013-05-09 16.43.22

暑さにやられて体調不良と運賃の事でイライラしていてあまり景色を見れなかった。

小豆島について、第二ラウンド開始。チケット売り場でリヤカーの値段を尋ねると小型貨物で2,100円とのこと。当然、事前連絡入っているのだからスムーズに値段を伝えてきた。そこで何で大型バイクよりリヤカーの方が大型バイクの運賃より高いのか尋ねると大きさで値段がきまるとの事。規約にもその旨書いてあるとのこと。近くに置いてあった規約のどこにそのことが書いて有るか教えてもらう。難癖を付けてもよさそうな文章だったがこれ以上文句を言っても大人気ないと我に返り適当な所で話を終えた。

CA3I0493

結果的に言えば第二ラウンドも敗退でした。お金を出して頂いた皆様すいません。どうにも理不尽な出費となります。お許しください。

それから今後のリヤカー旅をする皆さんにも悪しき前例を作ってしまいました。

リヤカーの市民権向上委員会を立ち上げなくては(笑)

高松港に到着。

高松は、何回か来ているが居心地よく好きな街の一つだ。

鉄道の駅と港が近く繁華街もまとまっている。しかも結構フラット地形。人もそれなりいる。きっと住むには居心地良さそうだと思う。

高松県庁へ向かう。高松は、平らに発展している高松では珍しく結構な高層ビルだった。警備員さんにここが「岡山県庁ですよね?」と聞いてしまい、かなり嫌な顔をされてしまった。香川と岡山ってなんかあるのかなぁ?

香川県庁。

CA3I0419 CA3I0422

CA3I0420

 

21県庁目攻略です。

香川県入りして30分で県庁攻略!

六時過ぎてもまだまだ明るい。昼間は、暑さでへろへろになっていたが、気温も下がり俄然やる気が出て来た。行けるところまでいくぞ!

徹夜で行けそうな勢いです。

香川って言えば「うどん」です。今夜の夕飯は、うどんを食たべようと決め店を物色しながら進む。

国道11号を徳島へ向けて進む。歩道もちゃんと有って進みやすい。

日が暮れて来た。うどん屋をぼつぼつ探しながら進む。少し市街に出ると全国どこにでもあるようなファ―ストフードの店が転々と続く。僕が入りたいような地元の大衆的な店がなかなかない。

CA3I0424

ぼつぼつ歩いていくと徳島まで70キロの道標が見つける。行けそうじゃん。

日が完全に落ちた。気温が丁度良い。

高松県庁から1時間くらい歩いた所で男の人に声を掛けられた。その人は、以前、車で日本一周したことがあって、こういう企画が大好きだとのこと。先ほど車でリヤカーを見掛けて先回りして待っていてくれたのだ。

ありがたいです。こういう人たちともっとつながれる仕組みはないものだろうか?

ジュースの差し入れを頂く。ありがとうございました。「ここから2キロくらいで道の駅があるからそこで泊まるといい。」と教えてもらう。寝るところの事を、何も考えていなかった。テントが有るとどこでも寝られるのは便利だ。

今日は、明日以降の事を考えて道の駅で野宿することした。

そろそろ夕飯を食べないと店が閉まってしまう。ここへ来て飲食店が激減してきた。良さそうな店をみつけても道の反対側。しかも信号がかなり先だ。リヤカーだと少しでも歩きたくないのが正直な話。

リヤカー旅は、自転車旅と比べても更に機動性が落ちる。

うどん屋が無い!

気付いたら全て店が閉まってしまった。

結局、スーパーでおにぎりを買った(涙)

道の駅までが思った以上に時間が掛かった。

道の駅に到着。芝生もあり良い場所だった。駐車場にも車中泊している人がちらほらいる。

テントをサクッと立てて潜りこむ。

今日は、これでおしまい。おやすみなさい。

広告
カテゴリー: リアカーレポート パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中