2013/06/18[87日目] 徳島市―和歌山市―徳島市 金子レポート

暑い!

暑いから前に進まぬ。
サンクスが対向側にあった。有無を言わずリヤカーを置いて入店する。涼しい。動きたくない。このまま、ベッドがあったなら、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、。

港に着く。
受け付くへ行くと「表へ回って下さい」と言われる。ドライブスルー宜しく、車同様にチェックインする。とても、スムーズだ。このシステムを他の海運会社も見習って欲しい。

IMGP8218

2等船室に入り、横になろうとしたところ、乗客が声を掛けてきた。
「すいません。ちょっと、宜しいでしょうか?」
リヤカーに興味を持った男性は興味津津であった。
「僕も引けますか?」

当然OKである。
そして、下船後、彼は100M足らずだったが立派にリヤカーを引いたのである。

IMGP8219 

IMGP8220

暑い!
暑いから人がいない。
一人汗だくのまま、和歌山県庁に到着する。

守衛さんはとても好意的で率先してシャッターを切って下さった。(アングルまで考えてくれた。)

IMGP8225

IMGP8227

徳島行きのフェリーまで3時間程あったので、紀州城を見学へ行く。がしかし、ゲートが有り面倒臭いので適当な場所を見つけ、木陰のベンチで横になって時間を潰した。

IMGP8229

しかし、暑い!
同じように休憩していた主婦が「はい、どうぞ!」と琵琶1パックを下さった。

IMGP8228

何もすることがないので港へ戻ることにした。




徳島港へ戻ってきた。
今日の幕営地はリサーチ済みなので、余裕で向かう。

場所は決めた。
そして、晩酌の準備に取り掛かった。酒のディスカウント「リカ王」でビール&つまみを調達し目を付けておいたベンチへ赴いた。すると、先客が夕涼みしながら、旨そうな手作り肴で一杯やっているではないか。

「つまみはあるから、一緒にやろう!」
なんと、酒飲みの心をくすぐる一言であろうか!

シラス、卵焼き、その他珍味のオンパレードである。

ビールが切れたが目の前に売っているから、冷えたビールが又、飲める。飲めるから飲んでしまう。飲んでしまっても直ぐに調達できるから安心して飲める。飲んだくれていると、ジョギング者が声を掛けてきた。陽気な方々でリヤカーをグルグル引いて楽しんで行った。

IMGP8236

「風呂は?」

勿論、入りたい。

銭湯まで案内して頂いた。
IMGP8238

 

 IMGP8239

 

サッパリ!
これで、気持ちよく安眠できる。

テントへ潜り込み、直ぐに爆睡状態に入った。

広告
カテゴリー: リアカーレポート パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中