2013/10/04(金) 鹿児島県川内市―鹿児島県出水市 工藤レポート

名古屋より夜行バスで12時間。熊本駅に着いた。

CA3I0846

先ずは、身支度。トイレへ向かう。

「クマモン」がお出迎え!

CA3I0845

今回は、3日間で薩摩川内から熊本までの150キロの予定だ。

新幹線で50分、薩摩川内駅へ到着。

CA3I0847

新幹線で50分、リヤカーを牽いたらどれくらいかかるのだろう。

いかん、余分な事は考えるな!地べたを這いつくばって進む面白さは、これはやった人にしかわからん話。

リヤカーを預かってもらっている泰平寺さんに向かう。

途中、緑のエプロンをかけたおばちゃん達をたくさん見掛けた。話を聞いてみると、町内美化のため吸殻を拾っているとのことだった。こんな小さな街で出来るのに、大都市ではやれてない。う~ん、いろいろ考えさせられる。

泰平寺、千年以上の歴史をもつお寺だ。住職が暖かく向かえてくれた。鹿児島から直接長崎へ向かう道を教えて下さるも時間的に余裕がない。

CA3I0848

予定通り、熊本へ向かう事にした。ルートは、国道3号線の方が平らで安全とのこと。少し大回りだが安全を優先する。ご住職、いろいろアドバイスありがとうございました。

歩き出して10分ほどで、献血に行く途中と言うおっちゃんに声を掛けられ暖かいご声援を頂く。

今日は、リヤカー牽きにはちょうどよい気温だ。ガッツリ進むぞ!

献血のおっちゃんと別れて間もなく「ミドリ安全」の営業車が停まり営業マンらしい男性から塩飴の試供品を頂く。今日も幸先が良い。

CA3I0849

CA3I0850

田舎道を気持ちよく進む。空は曇り空だが雨が降る気配はない。田んぼの稲穂が黄金色に色づいている。

12時が近くなってきた。「お腹すいたなぁ!」と思いながら歩いていると「ちょっと、待ってー!」とお弁当を持った女性が追いかけてきた。

なんちゅうグッドなタイミング!ちょっと前に通り過ぎたお弁当屋さんの方だった。

お弁当の差し入れを頂く。弁当屋さんの前まで戻り記念写真。

CA3I0851

『かのあい弁当』
薩摩川内市網津町4849-16
090-5471-7739(猿楽)

弁当屋さんから少し進んだところで、丁度よい空き地を見つけた。リヤカーを停めてお弁当を食べる。

CA3I0852

お弁当は、大変美味しかったです。ありがとうございました。

CA3I0853

ついでにそこで昼寝。

昨夜は、夜行バスで眠れなかった。その分の睡眠をとった。体力も回復。

海岸線を歩く。曇っているので海の色はあまりパッとしなかった。晴れていたら相当綺麗な景色だと思う。いつの日かこの景色を見に戻ってこよう。この企画で、再び訪れたいと思う場所がまた一つ増えた。

CA3I0855

歩き旅では楽しみな宿題がどんどん増える。

道の駅で少し休憩しただけで後はあまり休憩をとらずにどんどん進んだ。

 

CA3I0856

夕日が左後ろに見える。今までは、夕日に向かって歩いていていた。今、僕は日本の西の端を歩いている。(大感動!)

日が暮れて薄暗くなってきた。峠に差し掛かる。

自動車板金屋さんのオヤジさんに声を掛けられた。企画の説明をする。オヤジさんは、東北のことをとても心配されていた。

別れ際、大量のスポーツ飲料の差し入れをリヤカーに積んでくれた。ありがとうございました。

夕飯をとれる店を尋ねると、峠を越えた所にあるファミレスを教えてくれた。少し前にランニング中の若者もそのファミレスを教えてkれた。仕方なく味気ない夕食をファミレスですませる。出来れば地元の食堂みたいなところで食べたかった。残念!

街灯の少ない国道をしばらく歩いた所でコンビニを発見。デザート代わりに「しろくま」かき氷を食べた。駐車場で至福の想いでかき氷を食べていると男性がコーヒーを数本差し入れしてくれた。ありがとうございました。

再び歩き出す。時々、トラックが通るだけで基本的に交通量は少ない。車道の左端を赤色ランプとLEDの懐中電灯を持ちながらのんびり進む。少し街になってきた。信号で停まっていると、スーッとパトカーが前方に停まった。お巡りさんが2人降りて来て職務質問を受ける。どうやら通報されたらしい。ちょいと恥ずかしい話。まぁ、別に悪い事をしている訳でもなく、赤色ランプを灯していたので特に怒られることも無かった。一応安全対策として、100均の反射ベルトを頂いた。お騒がせいたしました。

少し行ったところに大きな公園が有る事を教えてもらった。今夜は、そこを宿営地と決める。

職務質問にあったことで、少しテンション下がり気味で歩いていると、立て続けに女性のドライバーさんから差し入れを頂いた。。なんだか気分が良くなってきた。が、宿営予定の公園まで後3キロ有る事が判明。既に10時をまわっている。

疲れもピークに達している。

小さな川の端の欄干近くにベンチを発見。今日はここで寝ることにした。テントも張る気力すら湧かずマットを牽いて寝袋にくるまった。気候もよいのでそのまま寝た。

1時ごろ、近くの車から小さな女の子の泣き叫ぶ声が聞こえて来た。釣りに来ていた親子らしい。それにしてもこんな夜中まで小さな女の子を連れて釣りをするのもどうかと思う。少し虐待じみた泣き声だったので気にはなったが、そのまま車が去って行ったので再び眠りにつく。

3時、突然雨が降ってきた。信じられん。寝袋を抜け出し慌ててカッパを着る。さてどうしたもんかと小雨の中、途方に暮れながら眠りに落ちた。暫くして目が覚めた。雨が止んでいた。

再び寝袋を引っ張り出し潜りこんだ。ホームレス生活が板についてきた。(いかん。いかん)

広告
カテゴリー: リアカーレポート パーマリンク

2013/10/04(金) 鹿児島県川内市―鹿児島県出水市 工藤レポート への2件のフィードバック

  1. 隊長 より:

    たった今見ました、城南町に来てますね、仕事中なので声をかけれませんでしたが、頑張ってください、ドラッグストアモリ城南店で警備してる人より

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中