2014/02/09(日) 山口県岩国市-岩国市 工藤レポート

いつの間にかぐっすり眠っていた。

朝六時、テントを撤収し空が白み始める中を出発した。

CA3I0260

すぐにトンネルが見えてきた。

古いトンネルで歩道も無い。交通量もそこそこある。その上、中はかなり暗い。

昨夜と同様フル装備でトンネルにはいる。20分ぼど掛けてトンネルを抜けた。

トンネルを抜けた先にはは、雪がかなり残っていた。

CA3I0261

昨夜の寒さで凍りついた雪の上を進む。タイヤが滑る。下り坂でかなり危険でした。そうして再びトンネルが現れる。

二つ目のトンネルを抜けると道路から雪が消えた。

西岩国駅近くで若い娘さんたちが車の窓から顔覗かせて黄色い声援を送ってくれる。どうにも小っ恥ずかしく思いながらも右手でガッツポーズを返しておいた。

CA3I0264

それよりトイレに行きたくて仕方が無い。どうにか駅のトイレに辿り着きセーフだった。

国道2号線に合流。

みかんを食べながらのんびり坂道をのぼっていると、後ろからカツカツと音がする。

スキーのスティックを杖代わりにウォーキング中のおばあちゃんが上がってくる。

負ける訳にいかんと意地になって必死にリヤカーを牽く。少し引き離し一休み。すぐにカツカツと音が近づいてくる。再びリヤカーを牽く。必死にリヤカー牽くも坂の傾斜がきつくなる。結局坂の頂上間近で追いつかれた。

「どこから来たの?」と優しく話しかけられた。

僕は、なんで意地になってたんだろう?

小っちぇ!

素敵なウォーキングおばぁちゃんから「頑張って」と声援を頂いた。

岩国市街中心に近づいて来た。九州では入り損ねたリンガーハットを見つけて昼食を摂る。

2号線を進む。

バイクの修理工場の前で男性に声を掛けられる。企画の説明をすると、そこで働いて黒人の大男が来て握手を求められる。アメリカ人のニールさんだ。日本語、いや広島弁がペラペラの方だ。

そしてニールさんの相棒の白人の方が日本人の奥さんと現れる。奥さんは聴覚に障害ある方だ。そしてアーティストさんとの事。

リヤカーの正面に日本一周とニャンコの絵を描いてもらった。ほんの十分も掛からずに描いてもらた。脱力系のニャンコが「頑張れ!」と応援している絵だ。

CA3I0269

CA3I0272 CA3I0275

CA3I0277

岡山でリヤカーのリニューアルをしてから半年の間、ずっと空白にしてあった。多分のこのアーティストさんに描いてもらうために空いていたのだろう。

これから疲れたときは、振り返ってこの脱力系ニャンコを見ることになる。

なんでこんなところに素敵なコミュニティーが在るのかニールさんに尋ねると、「(国籍なんて関係ない。)同じ男じゃけぇ!」と最初に声を掛けてくれた男性とハイタッチをして見せてくれた。

格好良い!

そして、お茶とエナジードリンクの差し入れを頂いた。

こういう素敵な方たちと出会えるから、このリヤカー旅は止められない。

国道2号線を更に北上。

横浜のチャリダー陳さんに会う。CA3I0283

CA3I0279

CA3I0285

リヤカーをしばらくひいてもらった。

宮島が見えてきた。日も暮れてきた。宮島温泉郷で温泉につかり、海辺の公園にてテントを張る。

本日は、ここまで。

広告
カテゴリー: リアカーレポート パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中