2016年11月10日 岩手県千厩駅ー宮城県気仙沼駅 レポート

少し長くなりましたが・・・ レポート送ります!
11月10日、小雪も止み、日が差した朝。相棒の加藤君と仲良く遅刻集合してリヤカーを預けていたパン屋さんに見送られ出発。「あ、意外と軽い、軽い」の第一印象を大切に軽快に進みました。

2人とも地元なので車ではいつも走る道。でも途切れたり細くなったりする歩道。虫眼鏡を持ちながら進むような楽しさ。

小梨駅で同行者が加藤君から車で40分かけて来た松岡さんにバトンタッチ。駅前の店の方に缶コーヒーを御馳走になってから、休まず歩いて矢越駅に到着。まだまだ余裕だ!と折壁駅。帰りの列車までに進めるんじゃない?と盗塁感覚で新月駅。1本あとのバスにすればなんとかなる!と県境を越えて気仙沼入り。

ルートは気仙沼までずっと国道284号線。ダンプやトラックも行きかう道ですが、大体は歩道があり、対向車の切れ目もあるので渋滞を招くことも、ドキリとすることもなし。歩くと暖か、止まると寒くなる気温の中をゆっくり進みました。

さすがに長いなぁと思いつつ気仙沼駅にたどり着きました。車体に似合わずすっ飛ばす帰りの最終便バスの車窓から今日のルートを巻き戻しで眺め、大満足のリヤカー旅でした。
もらったもの

パン屋さんから菓子パン、道端の野菜直売所でペットボトル風車(リヤカーの備品に)、駅前のカーショップで缶コーヒー、軽トラのおじさんからカンパ(帰りのバス代にさせていただきました)、すれ違ってから追いかけてきてくれた人から地元のリンゴ、通り過ぎる車から何度か応援のクラクション、車や沿道の人から沢山の振ってもらった手と笑顔、「そのリヤカー少し前に奥州の方でも見たよ」といった会話、そしてリヤカーを預かっていただく場所とご好意。

広告
カテゴリー: リアカーレポート | コメントをどうぞ

2016/07/31(日) 北海道余市市ー積丹半島 上村レポート

8月31日上村レポート

余市から積丹半島へ

23km歩いたルートの三分の一がトンネル…。途中、近所の小学生に引っ張ってもらう…、夏休みの絵日記に書くそうです(笑)ふるびら温泉に入って1時間爆睡。海水浴場のキャンプ場でジンギスカン!(^○^)

私のリヤカー旅はこの日で終了!この後、リヤカーは神威岬、岩内方面に進むそうです。見かけた人は差入れよろしくです!(笑)

カテゴリー: リアカーレポート | コメントをどうぞ

2016/07/30(土) 北海道小樽ー余市 上村レポート

8月30日上村レポート

小樽から余市を約20km移動しました。

途中、雨に降られたり、ダンプに水ぶっかけられたりしながらでしたが、詠ちゃん、桜さん、桃絵さんと3人助っ人に来てくれて嬉しかったです!(^○^)

余市では、毛利さん(宇宙飛行士)実家の温泉がとても良くて二階の食堂で呑んで近くの道の駅で就寝。本日は積丹方面へ向かいます。

カテゴリー: リアカーレポート | コメントをどうぞ

2016/07/29(金) 北海道札幌〜小樽 上村レポート

札幌の手稲から小樽まで約26km色々な人に差入れ貰ったり

手を振って応援して貰ったりで無事到着。

心配された雨も殆ど降らず。

本日は小樽、本降りの雨…

停滞したかったのですが

祭りで宿がいっぱいなので

雨弱まるのを待って余市に向かいます(*_*)

カテゴリー: リアカーレポート | コメントをどうぞ

2016/07/24(日)① 茨城県水戸駅ー大洗港 銀色人MAROレポート

銀職人MAROさんレポート
<7月24日 水戸~大洗港>

★ 今回、急遽リヤカーを牽かせてもらいました銀職人MAROです

★ 私、銀職人MAROは水戸市民であり、当日はブラブラと市内をサイクリングしておりました

★ もちろんこの時に、リヤカー日本一周のことなど、一切知りませんでした

★ サイクリング中に、反対側の道路でリヤカーを楽しそうに牽いているグループを発見

★ 興味津々で声を掛けた

★ 「参加してみませんか?」と言われたものの、急だったため断り、サイクリングを続行していたが、何か心に引っかかるものが・・・・。 モヤモヤが・・・・。

★ これは私の「行動しろサイン」

★ ★ 人生「一期一会」

★ 「行動は信なり」

★ 常に私が口にしている言葉だ

★ ★ そして私が今日、たまたま着ていたのが、被災地を思う気持ち、核に対する思いを作品にした画服「FIVE CORE〜あれから5年〜」だった

★ これは「思いを行動にしろ」「心と心をつなげ」という流れだと感じたので、急いで帰宅し、ザックに水と食料と替えの靴下を入れて、嫁さんの車でグループを探しました

★ 無事発見!

★ ちょうどランチタイムだったので、皆でファミレスへ

★ 不思議な感じがたまらない

★ さっきまで知らない者同士が、わき合い合いと楽しく食事をする

★ とても刺激のある時間だった

★ 「人生は飛び込まなくては開けない」

★ 私の哲学である

★ ★ 食事を済ませ、私がリヤカーを牽き、大洗高校まで行った。

★ 道中、仲間たちと語り合い、互いの歴史を交換したり、景色の良い場所で写真撮影をした

★ 途中のトンネルで私が叫んだ「中高年の夏休みだ~!」

★ 皆で雄たけびを上げた!

★ トンネルの向こう側に抜けたとき、皆で子供に戻るような気がした

★ ★ 大洗高校からケンさんに代わってもらい、大洗港まで行った

★ 大洗港に着き、皆で無事を確かめあい、そして健闘をたたえ合った

★ 全員で記念撮影をし、握手を交わして、パッと散った

★ 夏の花火のように

★ 私の心の中には夏の花火のような余韻が残り、2016年の夏は、私の宝物となった

★ ★ 私はアーティストなので、常にクリエイティブな脳を保たなくてはならない

★ 良い刺激が欲しければ、良い好機を見つけ、すぐに行動するに限る

★ 後悔は心を重くする

★ だから人間よ「常に未来へジャンプせよ」

★ 「飛び込めば、どうにかなるのが人生」

★ 「動かなければ淀んでしまい苦しむのが人生」

★ だから皆で一緒にジャンプしよう

★ 「行動は信なり」

★ アーティスト銀職人MARO 人間塾代表MARO

★ 2016.7.24 ★

カテゴリー: リアカーレポート | コメントをどうぞ

2016/07/24(日)②  茨城県水戸駅ー大洗港 えにか・なな・ゆかりレポート

★リヤカー界お騒がせクィーンことえにか

2016.07.24

当初、水戸駅-大洗(めんたいパーク)の予定でしたが

水戸城-大洗フェリーターミナルに
のんびりボラ友さんと3人でのリヤカー旅のつもりが個性的な素敵メンズがどんどん増えて大勢でにぎやかな旅に
そもそもフェリーの出発が7/25と勘違い(※1)していたことからはじまる数々のハプニング

集合してからリヤカーを取りに行っていたのでは間に合わないと早めに家を出たにもかかわらず乗り換えの駅を通り過ぎ(※2)30分の時間ロス

フェリーの時間に間に合わなと保管場所までタクシーに飛び乗りリヤカーをひいて変えた集合場所水戸城までダッシュ

集合場所にいったものの水戸城のお城見えず(※3)

出発準備はここでと思ってダッシュしてたら「日本一周」の旗がない(※4) 慌ててきた道を戻るとすぐに見つかって「ほっ!!」

今回もたくさんの方に助けていただきましたがなかでも大洗まで歩いたこともあるという地元のマロさんとの出会いは大きかったです

もしも、当初の予定通り水戸駅出発していたらコースは変わっていたでしょう、タクシーに乗っていなければ、旗を落として取りに戻らなければ。。。。  道で出会うこともなかったでしょう

すべてのことがマロさんと出会うための時間調整

コスプレで盛り上げてくれた石川さん、普段歩きなれていない女子に代わって素晴らしい脚力でゴールまでリヤカーを牽いて行ってくれたケンちゃん

こんなおかしな企画に参加してくれたボラ友のななさんゆかりさん

みんなのおかげで無事にリヤカーをフェリーに乗せることができました

今回も素敵な出会いに感謝!!!
★ゆかりさんからの感想
リヤカーは思いの外軽くて小回りもきいて楽だったよ リヤカー引いた時間は短かったけど前後左右を確認してくれて安心だったよ〜リヤカーと一緒に歩いて楽しかったな〜ありがとう(^ ^)
★ななさんからの感想
リヤカー、始める前はその意味を頭で考えようとしてわからなくて悩んでた。 でも、仲間が引いてるリヤカーを後から見てたら、頭で考えるものじゃなくて、心で感じるものなんだなと気づいたの。 体力なくてあまり貢献はできなかったけど、楽しくて暖かい時間をありがとうございました。 (誘ってくれたお騒がせクィーンさん、本当にありがとう)

カテゴリー: リアカーレポート | コメントをどうぞ

2016/07/09(土) 茨城県水戸市内原駅ー水戸駅  山中桃絵レポート

『ずっとひきたかったリヤカーをようやくひけました。たとえ初対面でも目的が同じならすぐに仲間です。雨なんてなんのそのです。笑いながら歩いた時間はまさにプライスレス!

ここまで雨の中でも灼熱の中でも寒さの中でも、1人でも、繋げてくれたみなさんに感謝感謝です。』

カテゴリー: リアカーレポート | コメントをどうぞ